2016年11月08日

ウォーキング大会を開催しました

 三重建労では、組合員や家族の皆さんの健康増進を図ることを目的に、例年、ウォーキング大会を開催しています。本年は10月2日、組合の結成60周年の記念行事も兼ねて、初の県外開催となる京都市で実施。466人が参加しました。
 今回は、あえてウォーキングコースを固定せず、平安神宮をスタートし、ゴールの清水寺まで、参加者それぞれが無理のない時間配分や距離を勘案し、自由に順路を設定する形式としました。秋の京都を楽しみながらのウォーキングとなりました。
DSCN1601.JPGDSCN1632.JPG
posted by けんろうくん at 09:37| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第32回全国青年技能競技大会に3選手が出場しました

 年に一度、全国の代表(35才以下)が日頃鍛えた技術を競う、「全建総連全国青年技能競技大会」。32回目となる今大会は、8月27〜29日、徳島県「アスティ徳島」で開催され、36県連・組合から73人の選手が長野に集まりました。
 三重建労からは、8月6日の予選会(三重建労技能競技大会)を勝ち抜いた、富山大さん(四日市)、樋口裕大さん(鈴鹿)、梅本泰伸さん(伊勢)の3人が出場しました。競技課題は「四方転び踏み台」。現寸図の作成から作品の完成まで、6時間という時間制限の中で競います。
 三重の代表は、惜しくも3賞には届かなかったものの、梅本さん、樋口さんが入賞を、富山さんが特別賞(全国青協議長賞)を獲得しました。
DSCN1135.JPGDSCN1114.JPG
posted by けんろうくん at 09:33| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第30回技能競技大会を開催しました

 三重建労は8月6日、メッセウイングみえ(津市)で「第30回技能競技大会」を開催、13人の選手が参加しました。
 競技課題は「四方転び踏み台」。現寸図の作成から部材の木削り、墨付け、加工、組立てという作業工程を、6時間で競います。過去の全国大会では、8度の金賞をはじめ、三重建労の代表選手は多くの賞を獲得してきました。その予選会を兼ねた三重大会は、全国でも指折りの激戦区です。競技が始まると各選手とも、独特の緊張感と闘いながらも、作品の完成に向け、それぞれに工夫を凝らし慎重に作業を進めました。
 審査の結果、最優秀賞となる三重建労委員長賞・三重県知事賞は、四日市支部の富山大さん(19才)が獲得しました。10代での受賞は過去初めてとなります。
 その他、次の皆さんが受賞されました。
2位・能開協会会長賞
 樋口 裕大さん(鈴鹿)
3位・技能士会会長賞
 北森 健太さん(上野)
4位・三重建労技対部長賞
 坂倉  誠さん(鈴鹿)
5位・三重建労青年部長賞
 山中 優輝さん(上野)
DSCN0880.JPGDSCN0963.JPG

posted by けんろうくん at 09:26| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PAGE TOP

COPYRIGHTコピーライトマーク MIE-KENRO 三重県建設労働組合 ALL RIGHTS RESERVED