2019年10月21日

第35回全国青年技能競技大会に4選手が参加しました

 第35回全国青年技能競技大会が、9月21〜23日、石川県の「石川県産業展示館」で開催され、全国38県連・組合から80人の選手が参加しました。
 三重建労からは、8月3日の予選会(第33回三重建労技能競技大会)を勝ち抜いた、坂倉誠さん(鈴鹿)、三木孝斗さん(四日市)、水谷秀明さん(名張)、加藤千香子さん(中央)の4選手が出場しました。
 競技課題は「四方転び踏み台」。現寸図の作成から、部材の木削り、墨付け、加工、組み立てという作業工程を、6時間という時間制限の中で競います。初日の21日は開会式と改題説明会で、22日の午前9時、競技がスタートしました。全国から集まった腕自慢たちの勝負だけあって、高レベルな熱戦が展開されました。23日は表彰式。金賞は、東京都連の田慎太朗さんが獲得しました。
 三重建労の代表からは、加藤さんが女性選手で初となる入賞(14位)、水谷さんが奨励賞(21位)を受賞しました。
IMG_3112.jpgIMG_3229.jpg
posted by けんろうくん at 11:51| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第33回技能競技大会を開催しました

 8月3日、三重建労会館で「第33回技能競技大会」を開催、12人の選手が参加しました。
 競技課題は「四方転び踏み台」。現寸図の作成から部材の木削り、墨付け、加工、組立てという作業工程を、6時間で競います。過去の全国大会では、8度の金賞をはじめ、三重建労の代表選手は多くの賞を獲得してきました。その予選会を兼ねた三重大会は、全国でも指折りの激戦区です。競技が始まると各選手とも、独特の緊張感と闘いながらも、作品の完成に向け、それぞれに工夫を凝らし慎重に作業を進めました。
 審査の結果、最優秀賞となる三重建労委員長賞・三重県知事賞は、鈴鹿支部の坂倉誠さん(33才)が獲得しました。
 その他、次の皆さんが受賞されました。
2位・能開協会会長賞
 三木 孝斗さん(四日市)
3位・技能士会会長賞
 水谷 秀明さん(名張)
4位・三重建労技対部長賞
 中西 宏太さん(四日市)
5位・三重建労青年部長賞
 加藤 千香子さん(中央)
IMG_2751.jpgIMG_2727.jpg
posted by けんろうくん at 11:42| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月23日

青年部が技術研修会を開催しました

 青年部は6月22〜23日、福井において、技術研修会を開催しました。各支部より、45人の若い仲間の参加がありました。
 1日目は、大野市にて、越前大野城の見学へ。越前大野城は天正4年(1576年)に織田信長より大野郡の3分の2を与えられた金森長近により、築城されましたが、江戸時代に火災により焼失し、現在の天守閣は昭和43年(1968年)に再建されたものです。当時の姿を残す石垣は、石を立てずに横に寝かせ、大きい石を押し込んで積む野面(のづら)積みと呼ばれ、貴重な史跡です。参加者は天守内部や石垣等を見学してまわりました。次に、大師山清大寺に訪れ、越前大仏を見学。像高は17mあり、鎮座している大仏では日本一の大きさです。大仏のほか、五重塔等を見学しました。また、その後の夕食懇親会では、お互いの仕事や青年部活動の話をするなど、交流を深めました。
 2日目は、敦賀市へ移動し、氣比神宮へ。北陸道総鎮守である氣比神宮は市民から親しみを込めて「けいさん」と呼ばれています。また、明治34年(1901年)に国宝に指定、現在は重要文化財である日本三大木造大鳥居のひとつとされる大鳥居が出迎えてくれます。参加者は参拝するなど、越前国一之宮とされ格式高い氣比神宮を見てまわりました。
 福井県の大野、敦賀を訪れる2日間は、越前の文化に触れる研修会となりました。また、バスの座席に空きがないほど多くの若い仲間の参加により、各支部間で青年部の交流を深める良い機会となりました。
IMG_2045.JPGIMG_2057.JPG
posted by けんろうくん at 11:43| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PAGE TOP

COPYRIGHTc MIE-KENRO 三重県建設労働組合 ALL RIGHTS RESERVED