2018年09月21日

第32回技能競技大会を開催しました

 8月4日、三重建労会館で「第32回技能競技大会」を開催、11人の選手が参加しました。
 競技課題は「四方転び踏み台」。現寸図の作成から部材の木削り、墨付け、加工、組立てという作業工程を、6時間で競います。過去の全国大会では、8度の金賞をはじめ、三重建労の代表選手は多くの賞を獲得してきました。その予選会を兼ねた三重大会は、全国でも指折りの激戦区です。競技が始まると各選手とも、独特の緊張感と闘いながらも、作品の完成に向け、それぞれに工夫を凝らし慎重に作業を進めました。
 審査の結果、最優秀賞となる三重建労委員長賞・三重県知事賞は、上野支部の北森健太さん(27才)が獲得しました。
 その他、次の皆さんが受賞されました。
2位・能開協会会長賞
 山中 優輝さん(上野)
3位・技能士会会長賞
 坂倉  誠さん(鈴鹿)
4位・三重建労技対部長賞
 三木 孝斗さん(四日市)
5位・三重建労青年部長賞
 松本 礼央さん(鈴鹿)
DSCN1327.JPGDSCN1320.JPG
posted by けんろうくん at 10:55| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PAGE TOP

COPYRIGHTc MIE-KENRO 三重県建設労働組合 ALL RIGHTS RESERVED