2018年09月21日

第34回全国青年技能競技大会に4選手が出場しました

 第34回全国青年技能競技大会が、9月15〜17日、茨城県の「ひたちなか市総合運動公園総合体育館」で開催され、全国30県連・組合から63人の選手が参加しました。
 三重建労からは、8月4日の予選会(第32回三重建労技能競技大会)を勝ち抜いた、北森健太さん(上野)、山中優輝さん(上野)、坂倉誠さん(鈴鹿)、加藤千香子さん(中央)の4選手が出場しました。
 競技課題は「四方転び踏み台」。現寸図の作成から、部材の木削り、墨付け、加工、組み立てという作業工程を、6時間という時間制限の中で競います。初日の15日は開会式と改題説明会で、16日の午前9時、競技がスタートしました。全国から集まった腕自慢たちの勝負だけあって、高レベルな熱戦が展開されました。17日は表彰式。金賞は、東京都連の千葉幸大さんが獲得しました。
 三重建労の代表からは、坂倉さんが2年連続となる「銀賞」を獲得。また北森さんは「銅賞」を獲得し、ダブル受賞となりました。昨年に続き、三重建労初の女性選手として出場した加藤さんは「奨励賞」と「けんせつ小町特別賞」を受賞。山中さんは惜しくも入賞を逃しましたが、今後の活躍が期待されます。
1-1 A.JPG1-1 B.jpg

posted by けんろうくん at 11:14| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PAGE TOP

COPYRIGHTc MIE-KENRO 三重県建設労働組合 ALL RIGHTS RESERVED